リモートワークにおける電気代の節約術。エアコンなしで冬を乗り切れる暖房器具2選

当ページのリンクには広告が含まれています。
リモートワークにおける電気代の節約術。この2つの暖房機器があれば、エアコンをつけなくても冬が乗り切れます!

じっと座りっぱなしのリモートワークがメインのフリーランス(個人事業主)の女性にとって、冬の寒さと電気代は悩みのタネではないでしょうか。

まり子

私は、特に手足の先が冷たくなりやすい末端冷え性です。だから、足元を暖かくする暖房器具を使いたいんです。
 
でも、部屋全体も寒いとツライからエアコン+足元暖房にすると、電気代が大変!そこで、何かいい方法はないか考えました。

寒がりだけど、エアコンは頭がぼーっとするし、手足の先はかじかんだままなのがツライ…という私が、この冬、エアコンなしで一日を乗り切れるようになった防寒グッズ2つをご紹介します。

目次

足元はパネルヒーターで温めよう

今までは足元は電気ストーブをつけていて、暖かいけれど一番弱いモードにしても400Wのものです。ただ、暖かい範囲も狭いので、エアコンの暖房が必須でした。

私が仕事で使っている部屋のエアコンは、なぜか14畳用(もっと狭いのに…!賃貸でもともと付いているものだからしょうがないですが)なので、経済産業省 資源エネルギー庁の省エネ性能カタログ2022年版によると1,000kWh前後(対象機種に近いもので)。

それぞれの1時間あたりの電気代から計算すると、9時から18時まで8時間仕事で使ったとして320円前後になるようです。1ヶ月にすると約1万円…!

ということで、まずは足元の電気ストーブの見直しから行いました。

冷え性の起業女性におすすめのパネルヒーターはコレ

私が最終的に「コレだ!」と思ったのが、この円形のパネルヒーターです。

足を置く床部分も暖かくなるので、本当にポカポカです。しかも、一番弱い温度のモードでも、上にブランケットをかけることでしっかり温まるので、十分でした(一番寒い日は少し温度を上げましたが)。

まり子

足を置く部分は、熱いと感じるくらいなので、添付されていた小さい毛布を床部分に敷き、上にかけるブランケットはユニクロのフリースリバーシブルブランケットを使いました。

実はこれを購入する前に5面パネルタイプのパネルヒーターを買ってみましたが、ふくらはぎ裏がスースーして、返って寒く感じたので買い換えましたが、足元の冷えが私ほどではない家族に5面タイプのパネルヒーターを譲ったところ、家族にとっては「こっちのほうが、動きが取りやすい」と好評でした。

なので、ひざ下全体の温かさ優先で動きが制限されてもいいなら円形、ちょっとスースーする感じはあるけど動きやすさが優先なら5面タイプをおすすめします。

これらパネルヒーターの消費電力は100〜200W程度なので、電気ストーブの半分以下の電気代で、電気ストーブよりも高い満足度が得られるので大成功のお買い物でした。

また、春先になって少し温かかくなってくると、「ひざ下までいらないけど、足先だけ温められたら…」と思うようになりました。そのときに購入したのが、フットウォーマーです。これだと消費電力も15〜20W程度でさらにお得にピンポイントで温めることができ、大満足です。

上半身の温めには電気毛布を

これで足元の防寒には困らなくなったのですが、さすがに1〜2月は上半身も肌寒く感じます。

電気代を抑えて、上半身もポカポカに…それを実現したのは、スナップボタン付きの電気毛布です。

ただの電気毛布だと、押さえていないと肩からズレてしまいますが、これはスナップボタンがついているので、体を覆うようにした状態で固定することができます。特に肩が温まると上半身の温かさを感じますよね。

そして、着るタイプではないので、席を立つ時もサッと取ることができる点も良い点です。

ちょっと肌寒いけど、電気で温めるほどでも…というときは、保温のスイッチは入れずに毛布だけで使っても暖かかったです。

消費電力も60W前後。真冬の凍えるような日もパネルヒーターと電気毛布でぬくぬくと乗り切れて、消費電力は300Wに満たない程度…エアコン+電気ストーブよりも温かさを感じて、電気代は断然お得です。

在宅ワーク時のお供に、ぜひご検討ください。

インスタグラムを集客に活用したい女性起業家の方へ
最新のインスタのアルゴリズムを学んで集客up&売上upにつなげませんか?

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

半沢 まり子のアバター 半沢 まり子 Webライティング集客の専門家

「質問力×文章力」を活かしたWebライティング集客で、ひとり起業の女性の広告に頼らない継続的なWeb集客をサポートしている。データ解析・改善提案を含めたトータルサポート、約10年のユーザーサポート経験による丁寧でわかりやすいサポートが好評。行政が強いジャンルでGoogle検索結果の上位獲得や大手メディアへの寄稿実績あり。

ライフステージの変化に合わせて自分らしく働く女性をサポートすることで、ゆとりのある家庭を増やし、子育てしやすい環境を育むことが目標。

横浜在住の二人の娘を持つシングルマザー。

目次